法人様向けフラワーギフト 花秘書

花秘書トップページ > お祝い 花 > 開店祝い 花

開店祝い 新装開店 リニューアル オープン お祝い 花

開店祝いは、取引先の方や知人・友人などが独立したり、新しくお店を出す時などにお店の繁盛を祈願し、新しい門出を祝してお祝いを贈ります。
開店日、新装開店日の前日か開店当日を目安に贈りましょう。当日は先方も忙しくされていることがあるため、できるだけ先方に負担をかけないよう前日までに贈るほうがよいでしょう。
既に開店日が過ぎていた場合は、できるだけ早めに贈りましょう。お店の大きさや雰囲気にも配慮して贈られるとよいでしょう。

開店祝い(新装開店)のお花の贈り方マナー>>

開店祝い(新装開店)に人気の胡蝶蘭ご利用例

開店祝いのお花選び Howto まとめ

開店祝い(新装開店)として贈る胡蝶蘭の鉢植え

豪華な胡蝶蘭のお花は、開店のお祝いにふさわしい縁起物のお花です。

開店祝いの贈り物としても人気が高い胡蝶蘭の花言葉は「幸福が舞い降りる」「幸せが飛んでくる」です。
縁起よく、見た目も豪華で、さほど手間がかからず長持ちするお花です。

胡蝶蘭は、その豪華さ美しさはもちろんのこと、実用性の面でも魅力がいっぱいです。 花持ちも良く、2〜3ヶ月前後は美しいお花をお楽しみいただけます。  胡蝶蘭をもっと見る>>

 〜10,000円  〜20,000円  〜30,000円  〜40,000円
 〜50,000円  〜100,000円  〜300,000円

胡蝶蘭10,000円" 胡蝶蘭10,000円" 胡蝶蘭13,800円"
胡蝶蘭12,000円" 胡蝶蘭18,000円" 胡蝶蘭18,000円
開店祝い(新装開店)こちょうらん18,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん19,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん23,800円"
開店祝い(新装開店)こちょうらん23,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん23,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん29,800円"
開店祝い(新装開店)こちょうらん32,000円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん38,000円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん35,000円"
開店祝い(新装開店)こちょうらん45,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん45,800円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん45,800円"
開店祝い(新装開店)こちょうらん52,000円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん66,000円" 開店祝い(新装開店)こちょうらん100,000円"
開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン
開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン
開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン 開店祝いカラー胡蝶蘭(グラン

開店祝いとして贈る光触媒のお花

開店祝い胡蝶蘭20,000円 開店祝い胡蝶蘭20,000円 開店祝い胡蝶蘭20,000円
開店祝い胡蝶蘭34,000円 開店祝い胡蝶蘭34,000円 開店祝い胡蝶蘭34,000円

ディテールや質感にこだわった職人技。ぱっと見で本物と見間違うほどのリアリティです。半永久的な効果が期待できる光触媒加工だから、置くだけで室内の有害物質を除去する作用があります。

光触媒の胡蝶蘭をもっと見る >>

開店祝い(新装開店)として贈るスタンド花(地域限定/東京23区内・大阪市内)

開店祝い(新装開店)スタンド花2段25,000円 開店祝い(新装開店)スタンド花2段30,000円 開店祝い(新装開店)バルーン風船スタンド花2段25,000円

開店祝い(新装開店)として贈るアレンジメント

開店祝い(新装開店)アレンジメント10,000円 開店祝い(新装開店)アレンジメント10,000円 開店祝い(新装開店)アレンジメント12,000円
開店祝い(新装開店)アレンジメント50,000円 開店祝い(新装開店)アレンジメント50,000円 開店祝い(新装開店)アレンジメント50,000円
開店祝いアレンジメント10,000円
開店祝いアレンジメント10,000円 開店祝いアレンジメント10,000円

フラワーアレンジメント 〜5,000円
フラワーアレンジメント 〜10,000円
フラワーアレンジメント 〜20,000円
フラワーアレンジメント 〜30,000円

アレンジメントをもっと見る>>

開店祝い(新装開店)として贈る観葉植物(室内グリーン鉢植え)

開店祝い(新装開店)観葉植物15,000円 開店祝い(新装開店)観葉植物15,000円 開店祝い(新装開店)観葉植物15,000円
開店祝い(新装開店)観葉植物20,000円 開店祝い(新装開店)観葉植物15,000円 開店祝い(新装開店)観葉植物15,000円

手間がかからず、エコでやさしい植物のオフィスグリーン。

 〜10,000円  〜20,000円   〜30,000円  〜50000円

観葉植物をもっと見る >>

開店祝い(新装開店)のお花

開店祝いのお祝い花の贈り方マナー

開店のお祝いで贈る品物として、もはやお花は定番ですが、その美しく華やかに場を飾るお花は、幅広い業種で喜んでもらえる万能選手です。手間のかからない観葉植物や胡蝶蘭、アレンジメント、スタンド花あたりを贈るのが一般的です。
スタンド花は、足のついた生花用スタンドに大き花を活けた籠を1段または2段取り付けたもので、路面店の店先でよく見かけるあの形です。 最近では、スペースの広さや後処理の問題などから、置き場所に困らないアレンジメントや胡蝶蘭を贈ることが多いです。 花もちがよく「豊穣」「幸運が飛んでくる」などの花言葉をもつ胡蝶蘭(コチョウラン)は開店のお祝いにもよく利用されます。

あたらしく店舗を開店したり、大規模なリニューアルは、その事業者にとって大きな節目となります。益々の商売繁盛、事業発展を祈願して晴れの日にふさわし いお花を贈りましょう。また、開店や改装の当日前後は、先方も準備であわただしくしていることが多いため、そのあたりも配慮しましょう。
鉢植えや観葉植物 は、装飾やインテリアとして長く飾ることができます。一方アレンジメントやスタンド花は、日持ちしませんが、晴れの門出をより華やかに飾ることができます。店舗の坪数や雰囲気、業種、置き場所のスペースなどを踏まえて選びましょう。

札をつける場合には、「祝」「祝御開店」などの頭書きを使うのが一般的です。

開店祝いのマナーと基礎知識

開店祝いのお花を贈る時期

開店祝いの花の相場

開店祝いのお花の立札の役割

開店祝いの立札の書き方

開店祝いのお花選びのポイント

開店祝いにおすすめのお花

開店祝いにおすすめの観葉植物

開店祝いのメッセージカード

開店祝いの挨拶文ポイント

開店祝いの祝賀状あいさつ文例

開店祝いのお礼状のあいさつ文例

開店祝いで贈るフラワーギフト

開店祝いのお花を贈る時期

開店日、新装開店日の1週間くらい前〜開店当日あたりに届くように贈ります。オープン直後の店内はたいへん混雑します。慌ただしい当日を避けて前日までに贈ると、先方にとってはありがたい場合もあります。とくに気をつけたいのは、工事の遅れのために、開店日が予定より遅れてしまうケースが多々あります。この場合、挨拶状に書かれた開店日にあわせて 贈ったのに、お店は工事中で受取ることが出来ない、という事態も起こります。せっかくのお祝いの気持ちが無駄になってしまわないように、開店日が近づいたら確認することをおすすめします。
プレオープンを行う場合は、プレオープン当日までにはお届けしましょう。もちろん開店日までにお花を送っても問題ないですが、プレオープンにお花があった方が華やかになります。プレオープンに合わせてお花を贈る場合、ある程度長持ちするお花(胡蝶蘭など)を選んで贈ったほうが良いでしょう。
また、開店後に知らせを聞いた場合や、うっかり開店日を過ぎてしまった、というときは、気が付いた時にすぐに贈りましょう。日にちがかなり経ってしまったときは、「祝開店」などの札を立てないで、メッセージカードにお祝いの言葉を添えて贈るほうがスマートです。 お店の業種や広さ、お花を置くスペースを考慮し、お贈りするお花の種類やサイズを選びましょう。お店によってはスタンド花のように大きく高さがあるものは、スペースの都合上設置できない場合がありますのでご注意ください。

開店祝いの花の相場

開店祝いのお花を贈る際の相場は、取引先へ贈るなら10,000円〜50,000円程度。親しい友人へ個人的に贈る場合は5,000円〜30,000円が目安です。親族がお店をオープンした際は20,000円〜30,000円程度が一般的な目安となります。
お金を包んで持参するときは、上記と同額程度で、熨斗紙や金封は紅白の蝶結びが基本です。
開店祝いのお花は、先方の規模やお付き合いの深さにより予算に開きがみられますので、先方との関係性を考慮して予算を決められるとよいでしょう。
花秘書で開店祝い用に一番人気のお花は、20,000円〜30,000円の3本立ちのプラチナ胡蝶蘭です。開店祝いに限らずお祝い用の胡蝶蘭として安心して贈れる定番の胡蝶蘭です。
また、みずみずしい緑の観葉植物もインテリアとして飾れることができることから開店祝いのお花としてよく選ばれています。花秘書では10,000円〜25,000円の大型の観葉植物が人気です。

開店祝いのお花の立札の役割

開店祝いなど企業間で贈る祝い花には、立札をお付けするのが一般的です。お祝いの用途などにより立札の書き方は違ってきます。立札の書き方を間違えると祝福の気持ちでお祝い花を贈っても先方に不快な思いを与えてしまうこともありますので、最低限のマナーに注意して贈りましょう。 立札の一番大切な役割は、そのお花が「どこの誰からどうして贈られてきたものかが分かるようにする」ことです。 また、先方との良好な関係性を内外にアピールすることもでき、名前を知っていただくきっかけにもなり、宣伝効果も期待できます。そして、お祝いの用途に合わせた「頭書き」を記載することで、どんなお祝い事があったのか周りの方にもお知らせできるので、一層祝福の輪が広がることもあります。 花秘書では、お客様のご要望に応じて立札をご用意致しますので、立札不要とご要望の場合は立札なしで祝い花のみでも贈らせていただきます。しかし、「立札」や「頭書き」にはこのような役割がありますので、特に企業間でお祝い花を贈られる際は、立札をお付けして贈られることをおすすめします。

開店祝いのお花の立札の書き方

開店祝いの札の書き方例

開店祝いなど特に企業間でお祝い花を贈る場合は、そのお花が「どこの誰からどうして贈られてきたものかが分かるようにする」ために立札をお付けするのが一般的です。
そのため、贈り主名(注文者名)は必ず立札に記載します。相手方(お届け先)の名前は記入しなくても問題ありません。お祝い事となれば、同日にたくさんのお花が届くこともあります。せっかくお祝いのお花を贈っても誰から贈られたものか分からなくなってしまいますので、お付けすることをおすすめします。
そして、立札には贈り主名(注文者名)の他に、お祝いの用途に合わせた「頭書き」を必ず記載します。
「頭書き」とは、お祝いの用途に応じた『お祝いの文言』のことです。「頭書き」を見れば何のお祝い事なのかが分かります。

開店祝い:「祝御開店」「御開店御祝」など
新装開店祝い:「祝新装開店」「祝リニューアルオープン」など

また、お祝いの用途を何にしてよいか分からない場合は「祝」「御祝」であれば、どんなお祝い事でも万能なのでおすすめします。
花秘書では、お客様のご要望に応じて立札の「頭書き」「贈り主名(注文者名)」などはご用意致しますが、文字の配置やレイアウトパターン等の詳細指定はお受けしかねます。担当者が文字の配置やレイアウトのバランスを見てご用意致しますのでお任せください。

開店祝いのお花選びのポイント

開店祝いでお花を贈る際は、先方の好みはもちろんですが、業種であったり、広さを考慮してお花選びをされることをおすすめします。例えば、飲食店などの開店祝いでお花を贈る際は、お店のイメージや雰囲気を大切にしましょう。スタンド花の場合、店頭に置くことで一目見て新規オープンだとわかり、お店にお客さんの視線を誘導し、店内へと誘引しやすい効果があります。業態にもよりますが、お店の前にスタンド花を置けるようなスペースがなく、店内にお花を飾る場合、香りが強すぎたり花粉が飛んだりするものはなるべく避けて選びましょう。
また、お店のスペースを確認して贈るのもおすすめです。お花を飾るスペースが十分にない場合や、テーブルやカウンターなどにお花を飾るスペースがある場合は、ミディ胡蝶蘭や華やかでボリュームがあるフラワーアレンジメントがおすすめです。
お祝いの気持ちがより伝わるよう、縁起の良い花言葉をもつお花を選ぶのもおすすめです。開店祝いなど大切な門出を祝う贈り物として特に人気なのが胡蝶蘭です。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」と縁起がよく、比較的丈夫で花持ちもよくお花を長く楽しむことができるのもおすすめの理由です。

開店祝いにおすすめのお花とは

たくさんあるお花の中で、花秘書がおすすめする開店祝いにぴったりのお花は、どの祝い事にも一番人気の花「胡蝶蘭」です。凛とした豪華な佇まいで存在感があり見栄えがよいのはもちろんですが、「幸福が飛んでくる」「人が根付く」などの縁起がよい意味をもつお花でおすすめです。胡蝶蘭は花粉がなく無臭で花ガラの汚れや匂いが気にならず、飲食店などの開店祝いにおすすめです。また、花持ちがとてもよく長期間(2ヶ月前後)お花を観賞できます。
そして「希望・常に前進」とポジティブな花言葉をもつ「ガーベラ」は、発展を願っておくる開店祝いにぴったりのお花です。また、アレンジメントに使い勝手の良いお花です。
「トルコキキョウ」も全体がポジティブな花言葉を持っていて、特に「希望」という花言葉を持っている濃紫色は門出のお祝いにぴったりです。高級感を演出できるところもおすすめです。
「グロリオサ」全体では「栄光・勇敢」という花言葉を持っていて、これから新しいチャレンジをする開店祝いにぴったりのお花です。またグロリオサは見た目のインパクトがあり、どんな色のお花とも相性が良くゴージャス感をプラスしてくれるお花です。
「未来への憧れ」「持続」などの花言葉を持っている「アルストロメリア」は、長くたくさんのお客様に愛されるお店になるように、と願いを込めて開店祝いではよく使われるお花の一つです。

開店祝いにおすすめの観葉植物とは

お花を贈るのも良いですが、長く飾ってもらえる観葉植物も開店祝いとしてよく選ばれています。
花秘書が開店祝いにおすすめの観葉植物をいくつか紹介します。
「パキラ」は、「発財樹」の別名を持ち金運・仕事運を上げる効果があると言われており、縁起が良く開店祝いにぴったりです。また寒さや乾燥などにも強く、初心者でも育てやすい観葉植物としても人気があります。
「ドラセナ マッサンゲアナ」は、別名「幸福の木」と呼ばれドラセナの花言葉は幸福に関連するものばかりです。
シンプルな造形と育てやすさで贈り物としても非常に人気があります。お相手の今後の更なる幸福を祈る気持ちを伝える贈り物にぴったりです。
「フィカス・ウンベラータ 」は、ハート形をした大きな葉とスタイリッシュな樹形が特徴です。その外見から安らぎを与えてくれるウンベラータはインテリア・グリーンとしてカフェやインテリアショップ・雑貨店など幅広い業種の店舗に置かれており、開店祝いとして贈られる観葉植物として人気があります。
「モンステラ」は、葉に深い切れ込みが入る葉っぱが特徴の観葉植物で、おしゃれな葉の形がインテリアとしても人気の高い種類です。花言葉は、「嬉しい便り・壮大な計画」という意味があり、これから事業を展開していく新たな門出としてぴったりな贈り物です。 観葉植物の緑は空気を浄化する作用をもつ他、癒しの効果もあるためインテリアとして喜ばれる贈り物です。

開店祝いのメッセージカードのポイント

開店祝いにお花を贈るだけでなく、メッセージカードを添えて一層気持ちのこもった開店祝いの贈り物をされるのも喜ばれます。
メッセージカードもメッセージの内容によっては、立札と同じように祝福の気持ちでお祝い花を贈っても先方に不快な思いを与えてしまうこともありますので、添える言葉に注意して贈ることをおすすめします。
お祝いの言葉を添える場合には、「忌み言葉」に気をつけましょう。
「忌み言葉」とは、お祝いやお悔やみの場などで縁起が悪い控えた方がよいとされる言葉のことです。
開店祝いでは、事業の衰退や火事を連想させる言葉「燃える・焼ける・倒れる・崩れる・壊れる・つぶれる・傾く・火・煙・赤」などの単語は避けるのがマナーです。
また、先方との関係性によりメッセージ内容が違ってくると思いますので、親しい間柄であれば、無理にかしこまった文章にする必要はありませんが、お祝いの気持ちを伝えるものですので、否定的な表現は避け、今後も良好な関係が保たれるよう贈り主様の祝福する気持ちが伝わる内容にしましょう。

開店祝いの挨拶文ポイント

 

開店を祝うあいさつ文のポイント

お祝いの言葉を添える場合には、忌み言葉(縁起が悪いとして嫌われる言葉)を使わないように気をつけましょう。 「承りますれば」「承れば」はお祝い事を聞き知った場合、先方からの挨拶状などで知ったときは、「いただきました御状によれば」のように書きます。

開店祝いの祝賀状あいさつ文例

開店のお祝いに祝賀状を送る場合

開店祝いの祝賀状として送る場合のあいさつ文例をいくつかご紹介します。
【文例 1】
新規開店とのご挨拶、喜ばしく拝見いたしました。おめでとうございます。
ゆくゆくは業界にその名をとどろかせる社名に発展されることをお祈り申し上げます。

【文例 2】
このたびは○○を御開店とのこと、誠におめでとうございます。
貴殿のすぐれた采配をもってすれば、必ずや繁盛店になることは間違いなしと存じます。
今後のさらなるご発展を心よりお祝いいたします。

【文例 3】
このたびいよいよ○○を御開店とのこと、心よりお祝い申し上げます。
これまでの卓越したご経験とご実績を生かし、今後一層ご活躍をなされますよう心からお祈り申し上げます。

開店祝い(新装開店)をもらったお礼状のあいさつ文例

新装開店のお祝いに返すお礼状の場合

このたびは当社の新装開店にあたり、たいへん立派な○○をいただき、誠に有難うございます。
さっそく飾らせていただきます。
新しくなった店舗で初心に立ち返り、さらに精進いたし、皆様のご芳情にお応えして参りたいと存じます。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。 敬具

開店祝い(新装開店)として贈るフラワーギフト

フラワーギフト総合ランキング
花秘書 営業日

close