フラワーギフト花宅配の花秘書トップへ お盆(初盆・新盆)

花秘書トップページ > お供え花 お悔やみ花 > お盆(初盆 新盆) のお供え花

お盆(初盆 新盆)のお供え花お盆(初盆 新盆)

お盆(初盆 新盆)について >>

お盆(初盆 新盆)に供える胡蝶蘭の鉢植え 暑い夏でも長持ち!

お盆(初盆 お盆(初盆 お盆(初盆 新盆)こちょうらん13,000円
お盆(初盆 新盆)こちょうらん18,000円 お盆(初盆 お盆(初盆 新盆)こちょうらん28,900円

お盆(初盆 新盆)のお供えとして贈るアレンジメント

お盆(初盆 新盆)アレンジメント3,500円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント3,500円
お盆(初盆 新盆)純白でまとめた花束3,500円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント5,000円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント5,000円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント5,000円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント8,000円 お盆(初盆 新盆)アレンジメント8,000円 お盆(初盆 新盆)アレンジメント8,000円
お盆(初盆 新盆)アレンジメント10,000円 お盆(初盆 新盆)アレンジメント10,000円 お盆(初盆 新盆)アレンジメント10,000円

お盆(初盆 新盆)の基礎知識と贈り方

お盆(初盆 新盆)について

お盆は、お彼岸とおなじく、霊界からご先祖様の霊をお迎えして、私たち現世の正者と死者の交流をおこなうハレの日の行事です。お盆には精霊棚にお供え物をしてご先祖様の供養をおこない、一家の安泰と、その年の豊かな実りを祈願します。

お盆とは

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のを略したもので、ご先祖様の霊魂が現世に帰ってくる日とされています。ご先祖様の霊をお迎えし、供養するのが「お盆」です。

お盆のはじまり

釈迦の弟子の目蓮が、死後に餓鬼道に落ちた母親を釈迦の教えによって救い出すことができたというお話がお盆のはじまりとされています。
その際、目蓮は7月15日に僧侶たちに食べ物を施し、霊魂を供養したことから、餓鬼道や地獄に落ちて苦しんでいる霊を救うために供養を営むことをさします。
現在でいう「お盆」は、ご先祖様の霊が帰ってくるという日本古来の思想と、盂蘭盆会の思想が結びついたものとなっています。

お盆はいつ?

お盆の日取りは地方によって差があります。
関東では7月15日をメインに、13日の「迎え盆」(盆の入り)、16日の「送り盆」(盆の明け)までを含めて4日間を「お盆」と呼んでいます。
関西では一か月後の8月15日をメインに前後ふくめて4日間としています。現在では夏休みや会社の夏季休業にあわせて8月にお盆を行う方が多くなっています。
一部の地方によっては、農作物の収穫期に合わせて8月下旬にお盆行事を行うところもあります。

新盆(初盆)とは

新盆とは、四十九日の忌み明けから数えて初めて迎えるお盆をさします。
新盆供養は、花や果物、菓子などをお供えし、とくに丁寧に盛大に営まれます。また、お墓参りも欠かせません。
御仏前にお供えするお花は、枕花程度の一般的なものになります。色や形、種類に特別きまりはありません。亡くなられてから年数が浅いほど全体白色が多いものを飾るのが一般的ですが、厳密な取り決めはないので比較的に色も自由に選択できます。

お盆(初盆 新盆)に添えるメッセージ文例

お盆(初盆 新盆)に添えるメッセージ文例(1)

初盆(新盆)を迎えられるにあたり、心ばかりですが、お花をおくらせていただきました。ご生前の面影を偲び、あらためてご冥福お祈り致します。

お盆(初盆 新盆)に添えるメッセージ文例(2)

月日が経つのは早いもので、〜様の初盆(新盆)を迎えるにあたり、あらためましてお悔やみ申し上げますと共に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

お盆(初盆 新盆)に添えるメッセージ文例(3)

拝啓 盛暑の候、皆様ご健勝にお過ごしの事と存じます。ご主人様の初めてのお盆を迎えられるにあたって、心ばかりのお花をお送りさせていただきます。暑さも厳しくなりますから、お体には気をつけて。 敬具

お供えむけフラワーギフト

お盆(初盆 新盆)アレンジ〜五千円

お盆(初盆 新盆)アレンジ〜一万円

お盆(初盆 新盆)アレンジ〜二万円

お盆(初盆 新盆)アレンジ〜三万円
お盆(初盆 新盆)の即日配達 お盆(初盆 新盆)の胡蝶蘭
花秘書 営業日